口唇ヘルペスの自覚症状と予防方法

ピリピリきたら早めにリシンで対処!

口唇ヘルペスは、一般的にHSV-1という1型の単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる症状ですが、その特徴として唇周辺の水疱(ブツブツ)があります。
小さい水疱が密集して唇の一部の出来るという特徴があります。

また、このような状態から「熱の華」と呼ばれたり、風邪を引くと再発しやすい事から「風邪の華」と呼ばれたり、または、近親者からの感染、夫婦間での感染などが起こりやすい頃から、「愛のウイルス」と呼ばれたりと、色々なネーミングがあります。

発症する原因として、多いのは、体調不良に伴う免疫力低下。

過労やストレス、慢性的な疲労、寝不足、夜更かし、女性であれば、月経に伴う体の変化などもありますが、さらに、紫外線を浴びる事で再発する事もあります。

自覚症状として、患部のピリピリ感やチクチクというような痛み、他にも、かゆみを感じたりする事もありますが、再発が繰り返される度に自覚症状も具体的になってくると言われています。

なので、自覚症状に合わせて対処する事で再発予防できる可能性もあります。

大半は、自覚症状が現れた後に水疱ができて発症するという事が多いので、回数を重ねていく内に再発するかどうかがわかるようになり、そのタイミングに合わせて、リシンのサプリメントを多めに飲んでいると予防する事も可能です。

あとは、既に口唇ヘルペスが再発してしまった時は、リシンのサプリメントを多めに摂取したり、患部には触れないように気をつける事も大事です。

今では、ヘルペス専用のリップクリームや患部を多くパッチも販売されいるので、そうしたものを活用する事で、早期回復や他の人への感染などを防ぐ事にも繋がります。